フライヤー印刷を頼もう【気軽に手続きができちゃう】

広告の目的と業者

印刷機

フライヤー印刷のサービスは新聞の広告やイベントのプロモーションに加え、各種製品のパンフレットなどに活用されています。これらのフライヤー印刷はターゲットとなる顧客層にうまくアピールできる媒体であることが要求されます。

詳しく見る

印刷方式によるコスト

インク

フライヤー印刷には片面印刷か両面印刷か、またはモノクロかフルカラーかといった組み合わせてコストが決まります。画像が多いフライヤーにはフルカラーを、文章が多い場合にはモノクロを進めて、片面か両面かは情報量で決定します。

詳しく見る

印刷業者の選び方

PRINT

自社内でフライヤー印刷をすると手間が大きく、仕上がりも良くなく、コスト的にも見合わないので、業者に依頼すべきです。依頼する業者はネット通販と地元印刷業者に大きく分かれますが、ネット通販はコストが強みで地元業者は品質とサポートが強みになっています。

詳しく見る

フライヤーとその作成

インク

街頭で配布するチラシなどを作成する場合、業者に依頼して作成することに人気がある。フライヤー印刷で業者利用が人気の理由としては、高品質のフライヤーを比較的安い料金で作成してもらえることから人気となっている。

詳しく見る

意思疎通を良くするために

色見本

フライヤー印刷に使う印刷方式と用紙について知っておくことで、業者との意思疎通がしやすくなるので覚えておくようにしましょう。印刷方式は主にオフセット印刷とオンデマンド印刷があります。用紙にはマット紙、上質紙、クラフト紙があり用途に応じて使い分けて下さい。

詳しく見る

RECOMMEND POST

印刷機

広告の目的と業者

フライヤー印刷のサービスは新聞の広告やイベントのプロモーションに加え、各種製品のパンフレットなどに活用されています。これらのフライヤー印刷はターゲットとなる顧客層にうまくアピールできる媒体であることが要求されます。

インク

印刷方式によるコスト

フライヤー印刷には片面印刷か両面印刷か、またはモノクロかフルカラーかといった組み合わせてコストが決まります。画像が多いフライヤーにはフルカラーを、文章が多い場合にはモノクロを進めて、片面か両面かは情報量で決定します。

PRINT

印刷業者の選び方

自社内でフライヤー印刷をすると手間が大きく、仕上がりも良くなく、コスト的にも見合わないので、業者に依頼すべきです。依頼する業者はネット通販と地元印刷業者に大きく分かれますが、ネット通販はコストが強みで地元業者は品質とサポートが強みになっています。

インク

フライヤーとその作成

街頭で配布するチラシなどを作成する場合、業者に依頼して作成することに人気がある。フライヤー印刷で業者利用が人気の理由としては、高品質のフライヤーを比較的安い料金で作成してもらえることから人気となっている。

チラシとフライヤー

色見本

用紙の選び方

フライヤー印刷はチラシ印刷とほぼ同義と考えてもらってよいですが、一般的にはフライヤー印刷はA4サイズ以下の印刷物で、チラシ印刷はA4サイズ以上のことを指すことが多くなっています。しかし、この辺りはあいまいでA5サイズでもチラシといい、新聞広告のように大きなものもフライヤー印刷と言ってしまうこともあります。そのため、あまり区別をする必要はないと言ってよいでしょう。フライヤー印刷をするときには印刷する用紙によって、同じフルカラー印刷をする場合でも見た目や効果がかなり異なってきます。コピー用紙でも白色度が強い上質紙は、裏まで印刷が透けないことが特徴ですが、光沢がなく色の再現性が低いのが難点です。費用が安いのは大きなメリットです。上質紙の表面にコーティングを行い光沢をよくして、インクの乗りをよくしたものがコート紙です。高級感があるのでフライヤー印刷で最も利用される用紙です。光沢を抑えて落ち着いた雰囲気を持たせたい場合にはマットコート紙を使うこともできます。上質紙やコート紙やマットコート紙には再生紙を使うこともできます。公共機関や企業で環境への取り組みを重視している場合には、再生紙を使って印字しておくと環境への取り組みをアピールすることができます。再生紙といっても非再生紙と品質や色の再現性は劣ることはありません。その他にも水に強い撥水紙やユポ紙や画用紙のようなアラベールといった用紙もあり、求める効果によって用紙を使い分けるとよいでしょう。