フライヤー印刷を頼もう【気軽に手続きができちゃう】

意思疎通を良くするために

色見本

印刷方式と用紙

フライヤー印刷を依頼する前に、フライヤー印刷の印刷方式と用紙について知っておくことによって営業担当者やデザイナーとの打ち合わせがしやすくなる覚えておくようにしましょう。フライヤー印刷には、大きく分けるとオフセット印刷とオンデマンド印刷に分かれます。部数が多いときには単価が安くなり、鮮明な印刷になるため大部数のフライヤー印刷によく使われるのが、オフセット印刷です。平版印刷で油性インクを使った印刷方式になります。平版を作るのに費用がかかるため、少数の印刷の場合にはコストパフォーマンスが悪くなります。少数の印刷のときには、オンデマンド印刷を持ちいます。オンデマンドは本来要求通りといった意味なので、印刷方式としての名称としてはふさわしくないかもしれませんが、判を作らないで印刷できるため少数でもコストがあまり高くなりません。フライヤー印刷に使われる用紙はコート紙と上質紙とクラフト紙があります。コート紙は表面処理で光沢を付けてインクが乗りやすくしているため高品質なフライヤーが作れます。マット処理に寄って光沢を抑えたマットコート紙もあります。上質紙は表面加工をしていないのでインクの乗りは良くありませんが、フライヤーに手書きをすることができるので申込書付きのフライヤーを作る時には向いています。クラフト紙は漂白をしていないので茶色っぽいため、自然な感じを出したいときで単色印刷に使われることが多くなっています。